24とナリアンくん。

2017.10.22 Sunday -







 すごい! 更新履歴にコネタを挟まず本編の更新が並んだ! ということに感動しております。わー、わー、この調子で行ければいいなぁ……! セカンド・サイトのこどもたち更新しております。今回はなんと! そう! ナリアンくんの続きも頂いてきましたやったぁああああ! ふへへへへとか怪しい笑いを浮かべながら更新しました。定期試験を終えて訪れる長期休暇。ソキとロゼアくんがきゃっきゃしながら観光して砂漠へ向かっている間、ナリアンくんがなにをしていたのか、というお話です。アシ子さん、ありがとうございます! 続きも! 楽しみに! しております! ちなみに「ナリアンくん休んでませんよね!?(休暇なのに)」に対して「休んでますよ!(学園生活を)」との回答を頂いております。あれ?????^▽^?<休暇とは

 ロゼアくんも待っているのでよろしくお願いします。ロゼアくんも! 待っているので! よろしくお願いします!(千さまの方向をじっとみつつ) お願いしたのでなにか書いてくれる気がします。わーい^▽^

 さて。本編はシュニーちゃんとジェイドくんの回でした。書いててしんどいシーンもあったので、読むの大丈夫だったかな、とすこしだけ思っています。前半はずっとミードさんのターン! だったので、ほのぼのしていたとは思うのですが。ちなみに後年、これとまっ……! たく! 同じことをソキがちょーじょちゃん&ちょーなんくんに言い聞かせたりします。遺伝子つおい。

 ジェイドくんとロゼアくんは境遇的にすごく似ている所がありつつ、でも全然違うんですが、『何度でもそれを繰り返せる。出会いから、何度やり直せと言われても。この喜びを覚えている。』っていうのが、やっぱり一緒なんだろうなぁ、と思います。本編に至るまでに数十繰り返された、一番はじめの世界で、その想いを抱いていたひとがいたからこその、今なのかも知れない。このジェイドさん編が終わって、赤い糸時間軸の『今』に戻ってからもう一波乱あるんですが、そこをちゃんと書ききって行ってあげたいな、と思います。いつも、書ききってあげたい、とすごく思っている。頑張ります。

 ジェイドさん編もどこまで書こうかな、と思っていたのですが、もうほんとこの際なので全部書いてから次に行きますね……(笑) なんでソキのお父さん、リディオが、あそこまで忌み嫌われても様々なことを決行したのか。おかしくなっていた、というのもあるんですけれど、一応、ちゃんと理由があるので。それを書いてこそ、赤い糸でジェイドさんがなんであんな怒ってるのか、も繋げて行けると思うので。ちょっとしんどいのですが(書くのも) お付き合い頂ければ、と思います。しんどいと言っても異形師ほどではないので! ご安心くださいね!

 そろそろソキも書いて行きたいんですが、もうちょっと休憩していて貰わなければいけない感じです。本編の今! だとロゼアさんは昏睡してますしね……いやでも怖いからしばらく眠っていて欲しい……ソキが安全圏で無事保護されたりして、ロゼアさんの横にころんっと転がされて戻って来たくらいのタイミングで目を覚まして欲しい……(笑)

 と、SSCの拍手の4回制限を撤廃、10回まで押せる仕様になりました! 回数気にせずナリアンくんに拍手してあげてください! この為に回数制限をとっぱらってきました……(笑) もし、ソキのでぱちっと押してナリアンくんにも……あああ!? ってなる方がいらっしゃると大変だな、と思って(てれっ) というかさっそく、色々とお言葉ありがとうございます! とてもとても励みになります。また来週も、楽しんで頂けますように。
  • -

23更新です。

2017.10.15 Sunday -




 ずっとミードのターン! みたいな回で、セカンド・サイトのこどもたち更新しております。これまでシュニーの成長が目立ってたと思うんですが、ミードもじわじわ成長していたんですよ、というお話でした。精神的にね。まだシュニーの方が大人びたとは思うんですが、ミードも頑張っていたんだなぁ、と。ちょっと予定していた、ジェイドくんが魔力でなにをしているか(なにをしてしまったか) についてまで辿りつかなかったので、このあたりはまた次回に。ヒントのような描写だけそっと入れておきました。意識的に無意識に押し込んでいるだけで、ジェイドはたぶん自分がやってることは分かっている(筈) 真面目だから悪いことしてると思いたくないのかなー、とつらつら考えたりします。

 さて風邪をひきました……。先月? 先々月もなにやら病院に行っていたので、体調回復しきっていないのかなぁ、と遠い目です。なんだかんだと週末出かける用事が多かったので、元気になりきる暇がなかったのかも。もうちょっとスローペースで生きていきたいです。具体的には仕事は週3くらいでやりこなせる世界線にぜひとも移動したいのですが、上手く行かないですね……。お薬は貰って来たので、まじめに飲んで、今度こそ回復に努めたいと思います。急に寒くなってきましたしね! みなさまも体調に気をつけてお過ごしください。

 時にジェイドくん編に入って、これで(だいたい) 18万字くらいになりました。誰だ赤い糸が前後編とか前中後編で終わるとか言ってたの。わたしだ!!!! 過去は振り返らないで生きて行こうと思いますので、ぜひとも記憶からの抹消をよろしくお願いいたします。なにとぞ。ええと、それで18万文字ということはそろそろまたひとつ数字が増えるということで、20万までにジェイドくん編を終わりにしたいな、と思っていたのですが、どうなるかなぁ……という所です。上手く行けばいけると思う。上手く行けば。でも焦らないで、ちゃんと書くところを書ききってから次へ進みたいと思います。もうすこしお付き合いください。よろしくお願いいたします。
  • -

22更新できました。

2017.10.08 Sunday -




 本編だー! わーっ! とひとりで昨夜盛り上がっておりました(笑) セカンド・サイトのこどもたち更新しております。最近なんで本編とコネタがしましまになっていたのかというと、内容的に書くのがちょっとしんどいシーンが連続して来ていたからで、打つ手が鈍くなっていたのかも……と自分で思ったりもしましたが。もうここまで来たら書いて行くしかないので、もうすこし、シュニーとジェイドの頑張りを見守ってあげてください。長かったジェイド編も、そろそろ終幕準備の時間です。これが終わるとようやく赤い糸本来の時間軸に戻って行きますからね! そこ解決したら本編現在に戻れますからね!(笑) 先が! 長い!(笑) 毎度お付き合いほんとーーーに! ありがとうございます。

 今回のお話について。シルフィールが登場するたびになにか飲んでたのも、それが(恐らくは全て)薄荷味だったのも、全部そういう理由でした。体調管理と、恐らくは延命治療の薬を飲んでたんですね。味を誤魔化す為か、あるいはシルフィール本人が好きだったとか、そういう理由で薄荷味に調えてありました。ペパーミントティーみたいな感じを想像して頂けると分かりやすいかと思います。責務とか、役割とか、そんなものを全部置いておいても、生きておいて欲しい、すこしでも、一日でも長く、と思って、医学の知識を深めていったのではないかな、と思います。

 側近の女については名前がまだ出てないんですが、これからも出る機会があるかは分かりません。私の頭の中で、満面の笑みをしらシルフィールさんが「な・い・しょ」ってしーってしている……(笑) もう一度私の名前を呼んで、というのが愛情で恋の一つの形ならば、もう私以外の誰もあなたの名前を呼ばないで、というのも恋慕ゆえの独占欲だと思っています。はい、と言って受け入れたのなら、もうこの先誰も呼ばないでいると思う。でも作者にくらいは教えてくれてもいいと思う……(笑)

 砂漠の側近の彼については、そのうち出る……出ない……かな……?<名前 教えてくれたらどっかにさりげなく書いて行けると思うんですが、あっ没個性的なモブなんでそういうのいいです、みたいに拒否してくるのはほんと辞めて頂きたい……。没個性的なモブはそんな登場回数多くないし、王位継承の誘いをかけてきた相手の顔面を拳で殴って鼻の骨を折ったりしない……。彼はシア王の時代もちゃんとお城に居て、現役引退してるけど王の相談は受け付けるよ、くらいの立ち位置でのんびり余生(?)を過ごしています。シア王がどーーーしても頭の上がらない三人のうち一人です(もう一人がジェイドさんで、そのうちここにアイシェちゃんが加わります)

 リディオが最後に『お屋敷』から出る馬車に乗せられた時にはそれはもう機嫌よくにこにこしていたと思うんだけど、フォリオはちょっと困った苦笑で一緒について行っただろうし、ずっと彼を見守って来た『運営』たちの中には、堪えきれずに泣いた者もいたと思う。リディオはそれでも砂漠の為に数々の貢献をしたし、ミードに願った『たすけて』をレロクさんがちゃんと叶えてくれたし、シルフィールとはまた違うけれど、思い残すようなことはなかったんじゃないかな……。最後はふたりでどこへ行ったんだろう。また、形にすることができたら、なにかで書いてみたいな、とも思います。とりあえず本編だけど。まず本編を進めてはいきたいんだけど!(笑)

 『花嫁』『花婿』と、その『傍付き』たちに彩られたジェイドさん編。終幕したら、カーテンコール! ってにこにこ皆がおつかれさま、またね、って言いに来てくれるように、頑張って書いて行きたいと思います。それでは、また来週……!(やや弱気)
  • -

コネタ:林檎とわたあめ

2017.10.01 Sunday -




 原稿が真っ白なまま迎えた土曜日の昼下がりくらいに、泣きながらコネタの更新を決めて書き上げました。そんなこんなでセカンド・サイトのこどもたち更新しております。最近ずっとコネタと本編が交互の更新になっていて、ちっとも本編進んでない感があってああああああああとごろごろ転がりたい気分でいっぱいなのですが、そんな中で、本編もコネタも楽しんで読んでくださっている方々には本当に頭が上がりません……! 拍手も呟きも全部嬉しいです;▽; ありがとうございます……!

 本編を更新して反応があるとあああああ続きも読んで頂けてるよかったー! と思いますし、コネタの時はコネタでも喜んで頂けたよかったあああああとなるので、結局どちらでもなにか不安なことには変わりないのでは? と思いつつ、ら、来週は本編に辿りつけるように頑張りたいです……! 更新ありがとうございます、と声かけて頂けることが多いのですが、こちらこそ読んで頂けて嬉しくて、ありがとうございます……! とずっと思っています。ありがたいなぁ。えへへ。楽しんで読んで頂けてて、ほんとにとっても嬉しいです。もっとたくさん書けたらなぁ、と思いつつ。

 今回のおはなしについて。ロゼアくんの内心が独占欲でわりと重症なのでは……? と書いていてすごく思いましたが、『傍付き』としての責務と個人の独占欲との境界がすごく分かりにくいなー、とも思っています。どちらにしろソキはもう大はしゃぎすると思うので、ロゼアくんはもうちょっと(ソキに分かりやすい形で)内心を表に出して頂けませんか……! これね、まだ付き合ってないんですよ……。私も何回か確認したくなる感じですが付き合ってない……付き合っているとは……(笑)

 ちなみにソキの体重そのものに関しては、設定上46キロあります。BMIだと23・47で、適正体重より+3キロくらいの設定になっています。ただしソキは自称140センチなので、もうすこし数値あがるかもですが、普通体重の範囲です。ほっそり華奢な体つきなのは、その体重が恐らくおむねとおしりとふとももに回されていて、もにもにふにふにしているからです。もっちりやわやわふわんふわんのだきごこち。ロゼアくんはいつもなんていうものを抱いて眠っているのか……!

 つまりまあ、それくらいソキはしっかり体重あるのに、なんでわたあめだの林檎だのの疑惑が出てるのかというと、ロゼアくんの抱き上げ方がひょいっとしすぎているからですね。今の本編でジェイドさんが最初の頃にはそれが出来なかったことからも、そういう抱き上げ方をして、常に抱き上げて動きに支障が出ないように、『傍付き』がどれだけ体幹を鍛えて体力をつけているかというおはなしでもありました。ロゼアくんの腕立て伏せの回数は普通におかしい。ソキが抱き上げられ方が上手だというのもあるのですが、それ以上にロゼアくんはしっかり筋肉ついているのだ……。たぶんリンゴは手でつぶせる。

 10月になりました。秋だー! と思いつつ、体調崩さないように気をつけて行こうと思います。皆様も、どうぞ元気にお過ごしください。それでは、また来週。
  • -

21更新しました!

2017.09.24 Sunday -




 日記を書こうと画面を開いた所で、21になったら宣伝素材も変えようかな? と思っていたことを思い出しました。ジェイドさん編が終わって視点が赤い糸時間軸に戻ったら、それを機に切り替えようかと思います……。セカンド・サイトのこどもたち更新しております。本編です! やったー! とツイッターでも叫んでしまいました。いつもはAMに更新しているのですが、今日はどうしても間に合わずにその時間まで書いていたので、夕方の更新となりました。とりあえず本日中には更新できたぞ、という達成感でいっぱいです。やっぱり本編更新できると嬉しいですね……^▽^ コネタも、書けなかった所をちょいちょい拾い上げられるので、書いてて楽しいんですが。来週も続きを、いつもの時間くらいに更新できるように頑張ろうと思います。

 更新の内容について。シュニーが頑張ってくれた回でもありました。成長のみえる回でもあったかな、と個人的には思います。「いなくなりたくない」というのは、前当主は言わなかった言葉でもあります。多分、そんなことはあんまり考えなかったんじゃないかな。もうすこし長くいたかった、と思って、それを残念だとは思っていたと思うのですが。口に出して求めはしなかったし、そこまでは思っていなかったように感じます。それをジェイドに告げて嫌がる分、シュニーは『花嫁』としては規格外に成長したんじゃないかな、と、ふとそんなことを想いました。

 今週も拍手押してくださったり、お言葉書いてくださったり。ツイッターでも読んだよボタン押してくださったりRTも、たくさん、ありがとうございました! 今日、なんとか更新にこぎつけられて、というか、書き上げることができたのも、こうした応援頂いたからだと思います。背を押して頂いてます。いつも。読んでくださって、ありがとうございます。また来週も更新する形で、嬉しさをお返しできればいいな。がんばります!
  • -