11更新です。

2017.06.11 Sunday -




 10を超えたので宣伝素材を新しくしました。 セカンド・サイトのこどもたち更新しています。先々週くらいから、そろそろ不穏なんでしょう……!? って読んでくださっている方々が次々と不穏に備えはじめてくださっていたのが本当に面白かったんですが(パターンが読まれてて、同時にとても嬉しくもありました。わーい!) 今週は、ここからなんでしょう……!? って不穏への構えを解いてないのがすごく面白げふごふ。だ、大丈夫ですから……!? と思っております。

 このタイトルはもう、そんなすごい不穏なことは起きないというか、とりあえずジェイドさん過去編については、あとはミードさんが嫁げないのとジェイドさんの結婚まわり − そしてぶっころの決意へ− があるくらいで、そんなすっごいアレなことにはならないのでは……? と思っております。ジェイドさんが赤い糸時間軸に戻ってきてからおっきいのがいっこあるくらいです! 頑張ります。つまりまだ大丈夫です。

 さて。今回はソキのおとーさま(パパじゃない方) のお話でもありました。本編時間軸で考えられていた像とは、たぶん全然違うひとだったのではないかな、と思います。ソキの目から見た「ごとーしゅさま。おとーさま」と、ジェイドさんから見た見習い御当主さま。あるいは、『花婿』であったひと。『花婿』であったと考えるなら、こういう風だったかな、とも思って頂けるかな。今回はとにかくラストがどきどきで、どんな風に受け止めて頂けるかハラハラしています。言葉にならない風にも、受け取っていただけるといいな。

 ソキがなんでああも、おとーさまだーいきらいですうううう! になっているのかについては『1:おかねにがめつかったから 2:ソキをぽいぽい旅行にだしたから 3:ソキの兄姉をてきとーに嫁がせたのではぎわく 4:ソキの兄姉の中にはりょこうに行かされすぎて枯れてしまった者もいた』と、ざっと考えただけでもこれくらいあるのですが。このうちの、なんでおかねにがめつかったのか、については、以後のお話で書いて行ければいいな、と思っています。

 とりあえずジェイドさん編の時点でも「おかねがないからシュニー稼いできてええええ;▽;」ってなっているのに、ここから大本命のミードさん@最優の『花嫁』が嫁がなかった訳ですからね……。うっすらと察して頂けるものもあるかな、と思います。他のことについても、彼がどういう思いでそうしていたのか、なぜそうさせていたのか、というのを、この機会に書くことができればいいなぁ……。これを逃すと、もう書けない所だとは思っているので。

 正しくはない。彼の正しさは、失った『傍付き』と共に亡くなってしまった。そしてそれを知りながら、彼は生涯、それを取り戻すことはありませんでした。取り戻そう、とも思わなかった。だってそれは亡くなってしまったから。失われてしまったものを取り戻したとしても、もうそれはかつて得ていたものではない。彼はソキの時間軸だともう亡くなっていて、最後は『傍付き』と共に半ば追放されるように『お屋敷』からいなくなりました。彼はなにも持ち出さなかった。唯一、『傍付き』の女性と、『傍付きの剣』だけは持っていた。

 ソキが『運営』にいじめられたとかきらいきらいなのも、このあたりのせいというか。『運営』たちはなにを失うことになっても、この『花婿』が次の当主に『お屋敷』を渡すまでは味方でいて、彼の望みを叶え、彼を守ると決意してしまった。レロクさんの代になってから『運営』は大きく顔ぶれを変えました。でもさしたる抵抗はなかった。誰もがその時を待ち望んでいたから、世代交代は穏やかに終わりました。でもソキはそのあたりを何も知らない。ソキだもんね……(笑)

 ほんとここを逃すともう書けない! がいっぱいのタイトルです。これをなんで前中後で終わると思ったのかという過去を振り返らず! 決して振り返らず! せいいっぱい書ききって行きたいと思います。よろしくお願いいたします。
  • -

10更新しました!

2017.06.04 Sunday -




 数字は振り返らないことにしました……!(つらみ) セカンド・サイトのこどもたち更新しています! 日曜日に日記も書いている、えらい、と思いつつ(常に自分を褒めていくスタイル) 今週かなりばたばたしてしまって、一周年を終えたばかりでまさかの一回休み!? になりかけたのですが、なんとか間に合いました……! ほんとは一回くじけたんですが、頂いた拍手とか、せっせとファボったご感想を眺めてなんとか立ち直りました。いつも本当にありがとうございます! ありがとうございます……!

 ツイッターの #SSC企画 のに関しては、タイミングによってふぁぼったり眺めていたりとまちまちですが、どれも本当に大事に読ませて頂いております……! いつも無言でふぁぼしてしまってすみません……! 話しかけていいのかなぁああいきなりだとびっくりするよねえええありがとうございます!(ふぁぼ) が一連の流れです。話しかけていいのかな……? となるとかなり軽率にリプが飛ぶので、お好きな感じにして頂けたらと思います。誤字のご報告に関しては、現時点までに修正しております。見逃してしまっていたので、ありがたいです。

 今回の更新について。シークさんは本編じゃないとほんと生き生きしてるとか、ジェイドさんが『知らされた』ことをラーヴェさんロゼアくんは実地で『教育』として受けてるとか、ラストでソキのおとーさま@本編での前当主が爆誕なさったとか色々あるんですが、なんていうか大変長らくお待たせ致しました! ここからちょみっと不穏になります! みたいな感じです。いやでもそんなすごく不穏なことには……ちょっとしかならないので……! 来週も頑張って書いて行こうと思います。よろしくお願いいたします!
  • -

09更新してます。

2017.06.01 Thursday -




 6月になりましたね! 今月終われば今年も半分終わったことになる、ということにびっくりしています。色々なことがあっという間に過ぎ去っていったような気もしつつ。セカンド・サイトのこどもたち更新しています! 引き続きジェイドさん回です。また、この更新が連載再開&週一更新一周年でした。一年、週に一回、読んでくださった方、本当にどうもありがとうございました……! 続きも、また楽しんで頂ければいいな、と思います。拍手やツイッターでも、お祝い頂きありがとうございました。がんばります!

 09はなんというか、ジェイドさんが思春期に突入する話でもあったと思うのですが、ロゼアくんにも思春期は……あったのだろうか……(笑) ソキかわいい……ってなるロゼアくん、と思ったのですが、別に今もなっている気がして首を傾げました。なんかこう、甘酸っぱい感じのロゼアくん(思春期)が見てみたいです。SSCはなんというか、魔法学園という立地(?)のポテンシャルを最大限に生かして、なんかこう、幼児化パロ(魔術暴走とかで)がすごくやりやすいんじゃないかな!? と思っているので、そのうち本編に全く関係ない短編とかでやってみたいな、とは思っています。

 最近、ルピシアのグランマルシェに行きました! 終売になってしまった一番好きなお茶『シエスタ』さんが復刻されていてにゃああああ!!!;▽;っとなりながら買ってきました! 嬉しい……! アンケートにもありがとうございます&通年になりませんかって書いてきました。このお茶がね、ほんとうに好きだったんです……! 通年になってくれないかなぁ。買ってきた分は大事に飲もうと思います。

 今週末も更新できますように! がんばります。
  • -

拍手にお返事

2017.05.25 Thursday -

 今週の更新が無事にできれば、なんと連載再開から一周年!&週に一度の更新途切れず一年間、ということになります。達成したら、また、ありがとうございますを伝えさせてください。一年、途切れず更新してこれたのは、読んで応援してくださっていた方あってのことです。ま、まだもうちょっとこれから書くんですけども……!(笑)

 カクヨム版の転載も、毎日ちまちま続いております。サイト版においつくまではまだ50万文字以上はあるというか、1ページを3分割しているもので、毎日更新してもあと半年くらいはあるのですが。最新に追いついたら、その次の週の月水金、くらいで転載して行こうかな、と思っています。先は長いですね……!(色んな意味で)

 拍手から頂いたお言葉に返信します。返信不要のラブレターは今回も大事に眺めてえへへってしております! やったー! こちらこそ、本当に、読んで頂いてありがとうございます。
  • -

08更新しました!

2017.05.21 Sunday -




 セカンド・サイトのこどもたち、先週も07更新していました!!(笑) 先週の金曜日からどうも風邪をひいてしまって(一週間以上ずるずる引いてて) 風邪がなおったらブログも書きにこよう! と思っていたのですがまさかの治りませんでした……。いまはようやく治りかけ、くらいかな。今日も5月末ってこんなに暑かったっけ!? ほんとに!? という気温なこともあって引きこもっていたのですが、皆様ほんとに体調に気をつけてお過ごしくださいね……!

 さて、私より読者さまの方が先々週くらいからなんか予測していてくださっていたのですが、赤い糸そうですね10では終わらないかな!?^▽^ という感じです。泣かぬ……(ぐずっ) こ、ここを逃すともう『お屋敷』のあれこれ書けないから! ということでもりもり書いているのも理由かと思われます。根本的な理由がありそうなことからはそっと視線を外しつつ。もうどれくらいで終わるかもっていうお話は……書き終わっている時以外にはしない……。10で終わればいいなっていつも思っています……! 今回も、もうちょっと続くんじゃよ……ゆったりお付き合い頂けましたら幸いです。

 今回の08で初出となった、ソキ兄の前の前のご当主さま。スピカとミードさんのお母さんですが、彼女の次世代が『ソキのおとーさま(ラーヴェさんにあらず)』で、その次がレロクさんだったりします。この、お金がないの……;▽; の次が、ソキ曰く「お金にとおぉってもがめつかったんですううぅ!」(暁闇に星ふたつ:12)なので、実は別になんの理由もなくがめつかった訳ではなく、彼には彼なりの確固たる理由があってがめつかったんですね……。その時期のお屋敷、ちょっとほんとお金がなかったの……。今回の「当主の候補は、耐えきれなくってみんな枯れちゃう」かつ「あとひとりしかいない」で、後がない状況でなんとか当主継承に生き残ったのが彼でした。彼のお話も書いてあげたいんだけど、そこまで書くのは、またいつか。ちょっとは出てくれるかな、と思います。

 当主継承にあたっては、『花嫁』『花婿』の中から比較的体が丈夫で精神的にも強い者が、それとなく『候補』として育成されます。時期を選んで儀式というか、必要なことを知らされるんですが、だいたいはそれに耐えきれずに枯れてしまうんですね……。気が狂って自死してしまう。それを乗り越えた者だけが当主として君臨する。レロクさんはそれを生き延びました。その上で、ソキが知ったら耐えきれない(狂い死ぬ)と思っている。それくらいの秘密を抱えている。

 だからレロクさんは前代のことだいっ……きらいなんですが、お金にがめつかったり、適当な所に嫁がせる(ように見える)とか、暁闇に星ふたつ:12でソキが言ってたとある『花嫁』が『傍付き』の腕の中で弱って枯れてしまった時に、笑いながら「それはよかった」と言った真意も全部分かってる。でもそれをソキに教えることはないし、分かってて理解もできるけど共感だけは絶対しない。そのあたり、レロクさんは当主の中でも強い方です。私が育てました。私が! というラギさんのどや顔が見えるようです。

 先週書けなかったのですが、先週も今週も拍手押して頂いてありがとうございました……! お言葉も、ちゃんと届いております。嬉しい! 今週も読んで頂き、ありがとうございました! 来週も頑張ります……! ほんとに、ほんとにありがとうございます。ひとつひとつが執筆への活力です。また来週も、楽しんで頂けますように。
  • -

Links

Search