34更新しました。

2019.04.21 Sunday -





 日記を書き忘れているだけで、更新は続いているのでセーフでは!? と思っております。セカンド・サイトのこどもたち、先週は33、今週は34を更新しております。長期休暇もついに、帰省編に突入しました! まったりだらだら『お屋敷』で過ごすふたりのお休み模様を、どうぞ見守ってあげてください。今回の帰省編で事件事故は起こらないので(ソキたちには) ご安心くださいね!^▽^<素振りしてないよ いやほんとにしんどいオブつらみ、みたいなことは起こらないのでご安心くださいね……(笑) 砂漠の陛下周辺が珍道中したりするだけです。珍道中というか。陛下の平穏な日常にご期待ください……!(迫りくる胃痛の気配&笑顔の筆頭、そういうとこです)

 今回から宣伝素材もリニューアルしています。魔術師戦闘回から、帰省編へ。また印象が違うと思いますので、皆様どうぞRTなどして頂けますと……!(毎回恒例) 継続的な更新と人目に触れるのも大事だなぁ、と思っているので。お力添え頂ければ幸いです。こんなことを言いつつ、月初くらいからカクヨム版の転載をサボ……忘れ……いえあの、ちょっと忙しくて……(笑) 仕事としては10連休なので、その間にまた転載作業も再開して行こうと思っています。10日間も休まないといけないせいで、月初から前倒し前倒しで色々忙しい訳なんですけれども……(笑)

 GW中の更新については、どうしようかなー、と思っています。来週はなんとか頑張りたい気持ちがありつつ、恐らくは皆様もそうだと思うのですが、お仕事がどんな風になって行くのかが……未知すぎて……。とはいえ、年明けから順調に週一更新を休まず続けているので、ここもなんとか繋げて行きたい気もしつつ、またTwitterなどでどうするか呟ければいいな、と思っています。よろしくお願いいたします。

 今週の更新について。帰省編の開幕、でした。去年と変わらないこと、変わったこと、変わって行くこと。まったり、じりじり、変化していくこと。とりあえずロゼアくんを静養させねばなるまいて……精神的にもね……と思いつつ、のんびりゆったりした帰省をさせたいな、と思っています。リボンちゃんの花籠については、赤い糸で使っていたものを。少しづつ、かつての世界をなぞるように。『 』があった時のことを、なぞって行くように。進んでいくソキの奮闘も、もうすこしで実を結びそうです。

 それでは、また。来週に。
  • -

32更新です。

2019.04.07 Sunday -





 4月の更新、まずは一回目をこなせてほっとしている所です。セカンド・サイトのこどもたち、『希望が鎖す、夜の別称:32』更新しております。レディの『鳥』、ソキの『 』、そして最終戦闘が開始される回です。そこそこの盛りだくさん度だったのではないかな! と思っています。レディの『鳥』については、これまでも色々布石を置いておいたことでもあり、赤い糸を通過したからこそのシュニーちゃんや、ソキの契約妖精のこともあって、もしや……? と思われていた方もいらしたのではないかなぁ、と思っています。次回もちょっと踏み込んで書く予定なので、そこのあたりも楽しみにして頂ければいいな、と思っております。

 レディの初登場の話が『祝福の子よ、泣くな』であり、そこで火の魔法使いが目覚めの時になにをしたのか、ということと、多少は『鳥』についてのヒント……や布石を置いてあるんですね。タイトルとしては、そのあとにリトリアの『祝福の子よ、歌え』で対応させて使用したので分かりにくくなっていますが、この祝福の子というのにはレディも含まれています。世界の愛によって魔術師として目覚めた者。その中でも特に強大な力を持つ、魔法使いとして目覚めた者。祝福の子。レディは今回の主題にもなっている『その瞳に映る世界を希望として描くなら――今こそ呪いと別離せよ』に含まれていません。世界の変革を望んでいない。レディが望むとしたらただ一つ、過去のやり直しだと思います。

 過去の周回でもレディは特に、現在を変革して過去をやり直すことができるなら、と。それを希望として世界を繰り返した魔術師、魔法使いです。レディは彼を助けたかったし、彼と一緒に生きていきたかった。それが叶った世界線もあるのですが、それはソキのこれから繋いでいく今ではなかった。なにかがひとつ救われれば、なにかが救われないままで終わってしまう。そういう取りこぼされるもののひとつに、レディの魔法使いとしての目覚めがあった。レディはだから、現在ある魔術師たちの中で、立ち位置としてはシークに一番近い所にいます。たぶん、今も。レディだけが心から、シークの呪い、絶望、悲哀を理解できた。すこし間違えばシークに同調していたし、シークのようにもなっていた。

 そしてまた、レディはすべての魔術師が『こうなるかも知れなかった』可能性でもあるんですね。一歩間違えばこうなってしまうかも知れなかった。制御のきかない魔力で、家族友人恋人故郷を失うかも知れなかった。そうならなかったのは、ただ単純に運が良かったからで、そして間に合ったから。ただそれだけ。そういう意味で、レディは魔法使いという魔術師たちの誉れそのものでありながら、くらく異質な呪いのような存在でもある。直視するには辛い存在でもある、のだと思います。このあたりもすこし、次回で上手く入れ籠めればいいな。

 レディが『してしまったこと』というのはじつは根深くて、ルルクが帰省した時に石を投げられたりとか、魔術師に対する差別偏見の理由のひとつにもなっています。レディの事件を、砂漠は自然災害として処理したのだけれど、噂が流れてしまった。ルルクは魔術師がなにをしたというの、私がなにをしたというの、と言ったけれど、何かをするかもしれない、という恐れの前にその言葉は決して届かなかった。ウィッシュもやらかしていますしね。あれも大規模な自然災害として処理されていますが、大地は未だ呪われているし、それは隠し通せるものでもなかった。魔術師、だいぶ、なにかしているんですよね……。無害ではないし、無実でもない。意図的か事故かはあるにせよ。そこはちゃんと書いていけたらいいな、と思っています。

 というかほんと……ほんと今週どうだったかな、大丈夫でしたでしょうか面白かったかな、と不安なんですが。来週もきっとそんな感じなのでどうぞよろしくお願い致します……! 更新できるといいな。書けますように。頑張りますね。

 それでは、また。来週に。
  • -

31更新です!

2019.03.31 Sunday -




 セカンド・サイトのこどもたち更新しております! 3月も終わりますね……! 年明けから三ヵ月が経過しましたが、とりあえず順調に更新を続けていけてほっとしています。これもほんと応援して頂いてる方のおかげ……いつもありがとうございます……! 休んだっていいんですよ、とお声かけて頂けることも多いので、体調と相談しつつ。これからも更新して行きたいと思っております。休む時は! 休みますので! というか気が付いたら世界に春が到達していて、春だね!?(桜をみつつ) とやや混乱しつつ衣替えをしました。しかし来週寒いらしく遠い目になっています。た、タイミングがわるーい!

 今週の更新について。だから筆頭ー! そういう所です筆頭ー! 顔がいいー! みたいな回だったと思います。すでに読み終えた方々から、歩く事故物件だの事案誘発装置だの言われまくっていて、とても楽しいです……(笑) 今回は魔術行使あり、魔術についての解説あり、そこそこ情報が多い回だったような気もしています。こういう仕組みで、こういう風に、SSCの魔術師たちは魔術を行使しているのだ、と伝わればいいなぁ。魔術学園ものなのに、ここに至ってようやくそういう情報回へ至ったのがほんとソキの話だなぁ……と思いつつ。ソキもようやく、という所まで辿りつきました。相変わらず、3歩進んで4歩下がってひとやすみ、みたいな速度ですが、ソキの成長を見守って頂ければ幸いです。

 ジェイドさんの魔術について。詠唱がシュニーちゃんです。シュニーちゃんに纏わることで魔術を編んでます。赤い糸を通過した上で、ジェイドさんはこういう魔術師として開花しました。ひかりと水の愛成す魔術師。満たされたひと。全然手の内見せてくれない感じがすごいなー、と思っていて。結局、試合中も今回のおはなしの中でも、一度も攻撃らしい攻撃、防衛らしい防衛はしていないんですよ。それを発動する素振りすらなく、それが必要だとも、恐らくは思っていなかった。このひと、最初から戦うつもりがなかったというより、ストルさんにもツフィアさんにも、戦わせるつもりがなかったし、そうやって勝つつもりであの場に立ったのだなぁ、と思います。えぐい。筆頭そういうとこですよ。

 さて、4月になりますね。この3か月が全力疾走で過ぎ去っていきすぎて、年明けから3ヵ月経過したの!? 嘘でしょ!? と思い続けているので。どんな4月になるだろうなぁ、と考えつつ。ゆっくり生きて行きたいです。大奥掘ったりしながら(FGOのはなし)

 それでは、また来週に。
  • -

30更新しました!

2019.03.24 Sunday -





 わーん先週も日記をすっぽかしてるーーー!? セカンド・サイトのこどもたち更新しております! 今日で30になりました。うかつなことを言うと伸びる呪いが発動してきえええっとなるので差し控えていたのですが、赤い糸よりは短く終わりたいと思っております(思っております) どうしてもこのタイトルで収録したいシーン、というのがあって……! そこに辿りつければこのタイトルも終わり、ようやくロゼソキくっつく回に突入する予定です。この次のタイトルかな。もうちょっと! そこへ至るまでまだ時間はかかりますが、お付き合い頂ければ幸いです。よろしくおねがいいたします。

 ひたすら、筆頭……そういうトコです……みたいな回であったと思うのですが(あとジェイドの顔がいいって延々書き続けていた気もする……(笑)) シュニーちゃんが、ソキおおきくなってぇえええ!;▽; ってひそかになっていた回であったとも思います。シュニーちゃんはずっとソキを見守っていたんですよ。時には見ることしかできなかったのだとしても。嫁いだウィッシュの行末が分からなくなった後も、レロクを見つめ、ソキを見つめ、その『傍付き』たるラギや、ロゼアのことも、きっとずっと見ていた。だからいま、ほんとーに嬉しいんじゃないかなー、と思います。

 実の所、魔術師として目覚めたソキが、一番はじめに目にした魔力、妖精のひかり、というのはシュニーちゃんなんですね(ソキの旅日記:1日目) 世界の祝福を得ている、白雪の女王の周囲に漂う魔力を視認し。そして、白雪に出張に来ていたジェイドさんと、一緒にいたシュニーちゃんを見つけた。あの時、シュニーはあの屋敷の一室にソキがいることに気が付いていて、半狂乱の悲鳴交じりにジェイドに訴えてもいたのだけれど、その声は届くことはなかった。でも、確かにあの時、シュニーちゃんは、ソキが「自分を見てくれた」ことを理解していて、どうかどうか、と祈ってもいた。案内妖精がはやく訪れますように。『学園』に行ってくれますように。そうすれば、いつか、この先の未来でまた会うことができる。

 件の事件で、砂漠から見送る時。シュニーちゃんはすごくうれしくて、穏やかな気持ちで、ソキに「またね」と言ったのだと思います。また会えることを、もう不安がらずに待つことができた。すっごく嬉しかったんじゃないかなぁ。しかもなんとなく言うことを分かってくれるし、姿も見つけてくれるのだし。お、おおきくなってぇえええ!;▽; とぎゅっと抱き着いてしまう(シュニーちゃんとしては) も無理のないこと。ソキの、もうちょっとなんですよ、というその時が訪れて、またジェイドさんと笑い合いながら色々話せるようになる日を、私も書くのを楽しみにしています。ジェイドさんと過ごすのもいいし、親子できゃっきゃするのもいいし。赤い糸のあの日々の中、あの日のジェイドさんがついに夢の中にしか描くことができなかった未来へ、今度こそ辿りついて欲しいとも思います。

 試合の癖にぜんぜん戦いかけてなーい!&魔術かけてなーい! という感じが自分でしているので、第四戦こそ、なんかこう戦ったりできたらいいなー! と思っております。次回はちょっぴり休憩の予定で、その次に最終戦闘へなだれ込む予定です。ストルさんツフィアさんもはやく落ち着かせてあげないとね……! それが終わったらロゼソキはお家に帰ってごろごろすればいいんじゃないかな……。

 Twitterでは繰り返し呟いているのですが、今書いている所って、ほんとそれぞれの希望と未来と望み、呪いの話なんですね。希望を以て世界を覆す為に、ストルせんせいとツフィアさんは、己にかけられた『呪い』を振り払い、リトリアの守護役を勝ち取る為に今回のことを起こしているし。アリシアは未だその『呪い』に苦しみながらも、捨てきれない希望にすがって、それでもすこし未来を見ている。ジェイドさんはその希望により世界を覆し、故に、呪われて、ある意味では今も喪ったままでいる。誰がいい、悪い、ではなくて。なんというか、それぞれだなぁ、と思っています。そんな中で、ソキは過去に『呪われ』て失ったままのものへ、今ようやく手を伸ばすことができています。ここも、もうすこしかな。見守って頂ければ幸いです。

 拍手からご指摘頂きました、本日更新分の誤字について。すでに修正しております。ありがとうございますー! そして、いつもながら、TwitterでのRT、読了報告など、ほんとーーにありがとうございます。とても励みになっております……! いつもいつもしつこくRTのお願いばかりしてしまって心苦しくはあるんですが、ほんと作品としても作者としても知名度のない、SNSでランクインするでもないおはなしなので、興味を持って読んで頂くとか、作品を人目につかせていくのにお力添え頂く他ないんですね……! いつも本当にありがとうございます。

 また来週も更新できますようにー! がんばります。それでは、また。
  • -

28更新しました。

2019.03.10 Sunday -





 まって一ヵ月くらい日記書いてなかったの!? 嘘でしょ!? となりました。え、えええ。びっくりした……! ちょっと多忙でした。駆け抜けてました。終わりの目途が……見えない……。仕事の状況が早く落ち着くといいなぁ、と思いつつ。その間も、今週も! セカンド・サイトのこどもたち更新しておりました! 今日は28の更新です。前回がインターバル回で、今回が第二試合の回。しゅぴぴっとしてどーん! なウィッシュの試合の回です。よろしくお願い致します^▽^

 ウィッシュが試合、ということで色々予想してくださった方もいらっしゃったのだけれども、まあこうなりますよねっていう……回でした……(笑) 「あなたが赤い糸」を通過してここへ至った方の中には、薄々予想がついていた方もいらしたのではないかなぁ。この、『愛と祈り。ひとが、憎悪と呪いと呼んだもの。』という、ひとつのものに対して反転した意見がふたつある、という状況、テーマは、私はこのSSCの中でも繰り返し書いているし、他の創作の中でもちょこちょこ出しているものなので、サビなんだと思います。つい繰り返してしまう。好きです。

 それをどう思っているか、それに対してどう受け止めるのか、というのは。時に自分の心ですら、どうにも言うことを聞かせられないことがあって。私が大事にしているものを、あのひとは大事じゃないと言うのかも知れないし。あのひとが大事にしているものを、私は否定してしまうのかも知れない。それが良い、悪い、ではなくて、それに直面して逃げることもできなくなってしまった時に、どう受け止めていくのか。そういう回だったような気がします。

 そして。これも、また『希望を以て世界の変革を望むなら』『逃れられぬ呪いと対峙せよ』なんですね。更新の宣材に使っている言葉は、ほんとにソキだけじゃなくて、あらゆる魔術師が今後対峙していくもの、だと思っています。赤い糸ではあの形で叩きつけるしかできなかったこころを、ウィッシュはその存在を認めた上で、その先へ連れて行こうとしている。そんな所も、またじっくり書いて行きたいです。わんぱくに育ちました(わんぱくに育ちました)

 次回はジェイドとルルクの回、になればいいな、と思っています。まったり試合前から書いて行くので、どこまで収録できるかなぁ、という感じ。そもそもほんとこの2人は組ませてよかったのかな……? 相性どうなの……? と私も首を傾げる愉快な組み合わせになっているので、またどうぞ見守って頂ければ幸いです。なんかこう、ノリと勢い! その場の! 勢い! あと顔の良さ! で色々突破していきそうな2人ですよね。野放しにしてはいけない感じがすごくする。しゅにーちゃんもふこふこまるまる頑張るよ。シュニーちゃんとリボンちゃんたち、とかも書いて行けたらいいなぁ。書きたいと思うことは沢山あるんですが、本編に入れ込めないことも多いです。

 拍手などから、更新と体調について、ご心配のお言葉をたくさん頂いております。ありがとうございます&ご心配をおかけしております……! お仕事でね、ちょっと部署が変わったり、年度末ということで忙しさが極まっていたり、いろんな要因が重なってしまって。平日はTwitterにもあまり出られないような状況が、半月くらい続いていたのですけれど。来週はいったん、なんとかな……なるといい、よね……いいよね……という、うつろな会話を繰り広げて終わった金曜日だったので、ほ、ほんと呻いてばかりですみません、生きてます……(笑)

 更新について。色々と考えることもあり、すこし様子を見ますが、週一の定期更新を撤廃するのも検討しています。不定期にするか、それとも期間を設けておやすみするか。あるいは、難しい時には、これまでのようにコネタで繋ぐか。待ってるよ、と仰ってくださる優しい方々ばかりなので、すこし、それに甘えてしまうことがあるかも知れません。とりあえず、でも、更新したいな、というのも私の気持ちなので。無理せずマイペースで書いていければ一番かな、と思っています。

 それでは、また。来週に。
  • -